社会人準備講座シリーズ3
説明・提案・説得のワークーープレゼンテーションの基礎

著者

中村健壽[監修]
飯塚順一、岡野絹枝、戸田昭直、田村久美

内容

 大勢の聞き手を前に、プレゼンテーションソフトで作成した資料を大画面に投影しながら、新企画や研究成果について説明する。
これが、多くの人が思い描く典型的なプレゼンテーションの形でしょう。しかしビジネス活動の中では、このような典型的なものだけではなく、さまざまな形でプレゼンテーションが行われています。仕事の協力を依頼したり、ビジネス活動の成果や結果を報告したりすることもプレゼンテーションの一種なのです。
 本書では、プレゼンテーションの最大の目的は、一定の時間の中で「聞き手に、話し手が伝えたい内容をきちんと理解してもらうこと」、そして内容を理解した上で「話し手の望む行動を、聞き手に起こしてもらうこと」と定義しています。
 より効果的にプレゼンテーションを行うために、3つのステップ〈説明→提案→説得〉を通して、基礎から実際までを理解し、実践に適応するプレゼンテーション・スキルを学習できるのが本書の特長です。
各章の内容をより深く理解するための【基本ワーク】と、個別のスキルを活用して最終的にプレゼンテーションを行うための【総合ワーク】を設けており、体験的にスキルを身に付けることができます。
 社会人準備講座シリーズ@『ワークで学ぶビジネスマナー』、A『ワークで学ぶコミュニケーション・スキル』で培った対人関係スキルを基礎として、より実践的なビジネス実務力の育成のために本書をぜひお役立てください。

目次

<基礎編>
■導入編
第1章 プレゼンテーションとは何か
第2章 プレゼンテーションの特性
第3章 「自分」と「相手」を知る

■実践編
第4章 目的(テーマ)を明確にする
第5章 プレゼンテーションのための情報収集
第6章 シナリオを作成する
第7章 発表資料の作成とシナリオの統合
第8章 効果的に伝える
第9章 プレゼンテーションのリハーサル
第10章 プレゼンテーションの実施と振り返り