医師事務作業補助
ーー実務の手引き

著者

中村健壽[監修]
小林利彦、町田二郎、岡野絹枝、局 千恵子、
野田真喜子、米田和代、片田桃子

内容

 本書は、医師事務作業補助職について学ぼうとしている人、あるいは医師事務作業補助者として仕事を始めたばかりの人を主な対象とし、医療の第一線で活躍している医師をはじめ、医師事務作業補助職として業務に当たっている実務者、さらに大学で医療秘書教育をしている研究者によってまとめられたテキストです。

 本書は実務に沿った内容で、大きく3部で構成されています。
 まず、オリエンテーションで医師事務作業補助職について具体的にイメージ作りをし、第1部では医師事務作業補助職の役割などを理解します。第2部では医療機関で働く人に求められる関係法規や保険制度、個人情報の取り扱い、さらに医学知識の基本を学びます。その上で、第3部ではカルテなどの実務と技能について学びます。それぞれの部にふさわしいケースを紹介したり、自習用の課題を掲載したりするなど、類書にはない構成となっています。

 指導書では、テキスト各章の解説に加え、研修で本書を使う際のポイントや研修の効果的な進め方なども掲載しています。研修担当者の経験がある方はもちろん、初めて担当する方の手引書としてもお使いいただけます。

 研修会のテキストとして、またグループでの学習、独習用にもおすすめです。

テキスト●目次

■オリエンテーション
・医師事務作業補助職の一日
・医師事務作業補助職Q&A

第1部 医師事務作業補助職の役割
 第1章 医師事務作業補助とは
 第2章 医療従事者の一員としての心構え
 第3章 求められるコミュニケーション力

第2部 医療機関で働く人に求められる基本知識
 第4章 医療関連法規
 第5章 医療保険制度
 第6章 個人情報の取り扱い
 第7章 医学知識(内科)
 第8章 医学知識(外科)

第3部 医師事務作業補助職の実務と技能
 第9章 診療録(カルテ)について
 第10章 電子カルテ
 第11章 医療文書の作成
 第12章 キャリアパスを考える

■コラム
・「代行入力」
 ──紛争や訴訟に巻き込まれないために知っておくべきこと
・「医療安全」について、知っておくべきこと
・「感染対策」について、知っておくべきこと
・利他の精神
「ユマニチュード」に学ぶコミュニケーション方法
・「保険診療」について、知っておくべきこと
・医師事務作業補助職の実務の実際
 ──済生会熊本病院
・医学知識の勉強を続けていくには

講義用指導書●目次

■『医師事務作業補助──実務の手引き』を用いた研修のために

■オリエンテーション
・医師事務作業補助職の1日─3人の事例+Q&A+想定問答

■各章の解説