現代医療秘書ワークブック

著者

中村健壽[監修] 田中伸代[編著]
大塚 映、岡野絹枝、藤原由美、中楠登志子、中村則子

内容

医療秘書の最新の職務内容を網羅する

医療秘書の役割や実務は時代とともに変化します。本書は姉妹テキストである『現代医療秘書・役割と実務』とともに、現代の医療秘書に求められる最新の職務内容を網羅し解説しています。

実際の場面を想定したワークでスキルと心を養う

医療秘書として、病院やクリニックでどのように働くのか。講義だけでは分かりづらいですが、本書のワークでは医師のサポートや患者応対のさまざまな場面を具体的に想定しており、実際的な理解が可能です。

医療秘書の職場環境を実感させる設定

総合演習では、医療秘書の活躍する場として総合病院、医科大学附属病院、クリニックを設定。それぞれの医療機関における1日の活動の中から、医療秘書が身に付けておくべき技能や、サポートする心を学びます。

目次

第1章 医療秘書の役割と資質
第2章 接遇 医師のサポート(来客応対)
第3章 接遇 患者応対1(受付・窓口業務)
第4章 接遇 患者応対2(いろいろな対応)
第5章 電話応対
第6章 情報の管理
第7章 文書処理
総合演習

現代医療秘書ワークブック【テキスト】修正のお願い

テキストに一部抜けがあります。以下のようにご修正ください。

■115ページ(ワーク7 電話での急患対応)1行目
(誤)通院している患者から、
(正)COPDで通院している患者から、