現代医療秘書――役割と実務 改訂版

著者

中村健壽[監修] 田中伸代[編著]
堀初子、石原貴代、大塚映、藤原由美、中楠登志子、中村則子

内容

初版から10年を経て改訂! 多様化する医療秘書の役割に対応

高度化、専門化、複雑化する医療の中での医療秘書の役割を明確にする

チーム医療の進展など急速に変化する医療環境にあって、医療秘書の役割の重要性がクローズアップされています。本書ではそれらの役割を取り上げ、その具体的な内容を分かりやすく解説しています。

患者や上司、同僚との円滑な交流を可能にするコミュニケーション力を養う

チームや組織の中で動くことが求められる医療秘書にとって、患者や上司、同僚さらには外部の関係者たちとのコミュニケーションは必須の技能となります。そのポイントやスキルを的確に展開しています。

上司が安心して本務に打ち込めるようにたしかな実務力を身につける

医療秘書は多忙な上司を補佐するため、的確に、しかも効率よく仕事をこなさなくてはなりません。そのために本書では、ビジネス実務の基本から応用までをジャンルごとにまとめています。

目次

<概論編>
第1章 医療機関とは
第2章 医療機関の経営と管理
第3章 医療秘書とは何か
第4章 医療の基礎知識
第5章 医療秘書のコミュニケーション

<実務編>
第6章 職場でのマナー
第7章 接遇
第8章 電話応対
第9章 文書処理
第10章 情報管理
第11章 スケジュール管理
第12章 出張
第13章 慶弔・贈答
第14章 研究の補助業務

コラム●医療秘書の災害対応
コラム●医療機関における会議