ワークで考える現代社会コミュニケーション

著者

飯塚順一[編著]
大島武、寺村絵里子、長谷川文代

内容

 本書は現代社会で起きているさまざまな現象を通して、コミュニケーションや仕事、生きることそのものについて、学生一人一人が自ら考え、グループで話し合うことにより、自分の意見を確かなものにしていくことを目的としています。
 各CASEは、学生2人の会話によるストーリーと、それについて一人で、またグループで話し合いながら考えるワークを数問設定しています。ワークには決まった答えはありません。学生の環境や意識によって、さまざまな答えが出てくるでしょう。これらのワークを通して、自ら考えることを回避して指示通りに動いてしまいがちな現代の学生たちに必要不可欠な“考える”力を育み、学ぶ姿勢や現代社会に対する意識を高めることができます。
 特に以下のような分野、科目でのご使用がより効果的と考えられます。

 その他、学生生活と社会をつなげて考えさせるためのカリキュラムやキャリア教育の一環としてもお使いいただけます。
 指導書では、グループワークの進め方についても解説します。初めてグループワークに取り組まれる先生方にもおすすめです。

目次

1 男性と女性、仕事に対する考え方は?
2 お互いに理解し合うためには
3 相互の感情を左右するものは何か
4 ベビーカーを脇に談笑する若い父親達
5 マナーとは何だろう?
6 メールを使う? 使わない?
7 どうして英語で話しかけてしまうのだろう?
8 あなたが働く? 私が働く? それとも2人とも?
9 自分ひとりが頑張ってみても……
10 確かにそう聞いたはずなのに……
11 「自分らしく生きる」とは
12 自分だったらどうする?
13 企業社会の中で生きる
14 相手の心に語りかけるには
15 これからの生き方