社会人準備講座シリーズ2
ワークで学ぶコミュニケーション・スキル

著者

中村健壽[監修]
戸田昭直、飯塚順一、岡野絹枝
水口美知子、平田祐子、笹瀬佐代子

内容

 コミュニケーション能力は、社会人に必要な能力の一つとしてますます不可欠なものとなっています。しかし、その力をどのように育成するかという点では、まだまだ試行錯誤の段階にあるのではないでしょうか。本書は、社会人準備講座シリーズ2『ワークで学ぶビジネス・コミュニケーション・スキル』を全面改訂し、より実際的なコミュニケーション・スキルを身に付けることができる、全く新しいテキストに生まれ変わりました。学生一人ひとりが、さまざまなワークを通してコミュニケーションについて客観的に振り返り、自分たちなりに感じたり考えたりして学ぶことができるように工夫されています。
 本書では、コミュニケーション・スキルの基本知識から、傾聴や共感、質問・確認などの基本スキル、報告・連絡・相談や説得などの応用スキルまで、簡潔な解説と多彩なワークで学ぶことができます。
 各章ではまず「プレワーク」としていくつかのコミュニケーションシーンをイラスト入りで設定しており、それぞれのシーンの問題点などを考えることから学習は始まります。これによって、これから学ぶスキルがどのようなものなのか、そのスキルを習得することでどのような改善が望めるのかを容易に理解することができます。その後に続く解説はできるだけ専門用語を省き、ステップを踏んだ分かりやすい内容となっています。また、章末にも、基礎から応用にわたるいくつかのワークがあり、一人で考える、あるいはグループで話し合うなどしながら、実践的にコミュニケーション・スキルを身に付けます。
「コミュニケーション論」などコミュニケーション関連の科目や、キャリア教育の一環としてぜひご活用ください。

テキスト●目次

知っておきたい基本知識
 1 コミュニケーション・スキルを学ぶ
  ── なぜスキルを身に付けるのか
 2 コミュニケーションは難しい
   ── なぜギャップが生じるのか
 3 メタメッセージを意識する
   ── 非言語コミュニケーションとは
身に付けたい基本スキル
 4 話を聞くためのスキル
   ── 傾聴する、観察する、共感する
 5 理解を深めるためのスキル
   ── 質問する、確認する
 6 頭の中を整理するためのスキル
   ── 熟考する、関連付ける、優先順位を付ける 仕事に役立つ応用スキル
 7 仕事をスムーズに進めるためのスキル
   ── 報告する、連絡する、相談する
 8 情報を共有するためのスキル
   ── 説明する
 9 提案し、納得に導くためのスキル
   ── 説得する、プレゼンテーション
 10 クレームに対処するためのスキル
   ── 謝罪する、問題を解決する